お好み焼き ごん平様

お好み焼きごん平さまのれん

なぜ白いのれんを作るのか。
気になり、社長にお伺いすると、先代が和菓子屋をされていたとのことでした。
それを聞いて納得です。

 ここで少し豆知識。
なぜ和菓子屋さんののれんは白色だったのか?
和菓子の材料として、欠かせないものといえば、砂糖です。
その中でも、和三盆(わさんぼん)といわれる高級な砂糖 (真っ白の砂糖)を使っている証として
和菓子屋さんでは白いのれんを使っていたと言われています。
江戸時代等はまだ黒砂糖が一般的だったので、品質の違いをのれんで表現していたのですね。

   

お好み焼き ごん平様   

  • 住所
  • 京都府京都市伏見区新町4-457

  • TEL
  • 075-621-0980

∴ 下記画像をクリックで、技法ごとの実例一覧がご覧いただけます。

全ての実例一覧 無地のれん実例一覧  染め抜き実例一覧  シルクスクリーン実例一覧  インクジェット実例一覧  手描き実例一覧