別注 / 染め抜きのれん

染め抜き(印染め)でつくるのれん

染め抜きは、古来よりのれんづくりに多用されてきた伝統的な技法です。
白生地を部分的に染め分け、柄や文字を浮かび上がらせます。

染めない部分に糊を置き、引き刷毛で地色を染めていく染め抜きは、
気象条件や、気温や湿度に左右され、技術と豊富な経験、また染料に関する知識が必要とされます。

手染めとは思えない細部まで美しい仕上がりに、お客様の喜びの声を多く頂いております。

「染め抜き」の特徴

 ・ 生地の中まで染料が入り込むので、完全に裏抜けします。
  (裏側からもロゴや絵柄を美しく、はっきりみることができます。)

 ・ 耐光には弱いですが、摩擦には強いです。

 ・ 使用できる色 : 3色 ( 地色は含まれません )

 ・ 対応可能な詳細線幅   
   → 単色の場合 : 2mm幅程度 / 隣接して別色を指す場合 : 3mm幅程度  

  ※ 筆のかすれなどは、イメージ表現となり、完全一致は出来かねます。

サイズ・仕様について

別注のれんのサイズは、縦(H)・横(W)以外にも、
棒を通す袋縫いの幅(チチの長さ)や、切れ目の数、折り返しの幅等の細部についても
1cm単位でサイズ指定をしていただくことができます。

→ サイズに関する、詳細はこちらをご確認くださいませ。

また、のれんをかける間口のサイズをお知らせ頂ければ、ご提案もさせて頂けます。
サイズでお悩みの際は、ご相談下さいませ。
その際、お写真を送って頂ければより明確なご提案が可能です。

素材

「麻」・「綿」の2種類をご用意しております。

→ 素材名クリックで、生地の詳細をご確認頂けます。

お客様のご希望の色を、職人が染料を調合して染め上げます。ご希望の色をお知らせ下さい。
(※ こだわりの色がございましたら、紙媒体で弊社までお送り頂ければ再現も可能です。)

また、色数が増えるほど高値になりますので、御見積の際にご希望の色数をお知らせください。
色数は、3色くらいまでとさせていただいております。

【グラデーションについて】

1つの色を濃淡で表現する単色グラデーショであれば可能です。
機械のような正確さは出ませんが、手作業ならではの温かみにのある仕上がりになります。

 

※多配色や、複雑なグラデーションをご希望の方は、インクジェットプリントをお勧めしております。

「インクジェットのれん」詳細はこちらから

価格表

デザインや絵柄の大きさ等によって価格が異なります。
デザインのイメージをお聞かせ頂いてから、 正式な御見積をさせて頂きます。

またデザインのご提案もさせて頂いておりますのでご相談下さい。

正確な御見積のご依頼の際は、、
お電話やメール・FAXにて、下記事項を出来るだけ詳しくお知らせください。

  ・ 出来上がりサイズ
  ・ のれん分かれの枚数
  ・ 素材
  ・ 色(地色・文字色)
  ・ ロゴデーターの有無(お持ちの場合は、合わせて送付願います。)
  ・ 防炎加工の有無
  ・ その他ご要望
  ・ 納期 (お急ぎの場合お知らせください)

京都のれんへのお問合せ

こちらのFAX注文書でイメージをお伝えください。

 

納期

デザイン確定から約3週間~4週間以内に発送致します。

 

別注事例のご紹介

過去に実際に製作させて頂いた、染め抜きのれんのご紹介をしております。
イメージのご参考にどうぞ。

染め抜きで作るのれんの実例を紹介しています。

技法一覧にもどる